スポンサーリンク

レース本番はネガティブなイメージから対策を練る

Pocket

なぜなら、

どんなに良いイメージを想像し続けても、
もしこのイメージ通り行かなかったらどうしよう?

と言う不安がイメージトレーニングを
何回繰り返しても消えなかったからです。

それが先日、

イメージトレーニングって、

最悪の状況を想定して不安要素を
一つ一つ消して行く事が結果的に
良いイメージに繋がるんじゃないか?

という考えに行き着きました。

つまり、本番で起こりえる最低最悪の状況に対して、
事前に練習の段階で同じ様な状況を経験してしまえば、

本番に向けて色々と対策を練る事が出来、
不安が無くならないまでも小さくする事が出来ると言う事。

要は

どんな状況にも対応出来る自分を創ることが大切だ

と言う考えに至りました。

例えば、

  • レース当日に寝坊する
    →1週間前からレース当日と同じ時間に起床する。
  • レース当日が大雨や強風
    →大雨や強風の日に合羽やビニール袋を着て走る。
  • レース当日にお腹を壊す
    →レース前日に食べる食事を試食して翌日の調子を確認する。
  • レース後半のスタミナが心配
    →空腹の状態で走ってみる。
  • レース後半の膝の痛みが心配
    →シューズの見直し、サポーターの着用、減量などを行なう。

当たり前の様ですが、
頭の中でポジティブなイメージトレーニングだけでは
不安要素は消えません。

不安な感情は自分の記憶の中で

過去に経験した事が無い状況や
マイナスの感情を引き起こした経験が
再び未来に起こるのではないか
と言う想像が生み出すものです。

目の前に

”カエルの唐揚げ”

があります。(ここまでリアルじゃなくても…(笑)

食べた事が無い人は

カエルの唐揚げを食べるのに不安を感じる人

が多いと思います。

  • どんな味がするの?
  • 美味しいの?
  • 食感は?
  • カエルって食べられるの?

色々な想像をしますが、
過去に食べた経験や知識が無ければ
どんなに考えても不安は消えません。

しかし、
食べた事がある人

または
「カエルの唐揚げは鶏肉の味に似ている。」

と言う知識がある人は、
食べる事に対して不安が小さくなるか、
不安が全く無くなります。

一度経験すれば、

経験した時の感情と共に自分の記憶に知識として
蓄積されるので次に同じ様な状況が起こった時の
自分の取る行動の選択肢が広がるのです。

不安な事は、

あれこれ考える前にまずは体験してみる。

行動する事で不安要素を一つずつ消して、

最高の結果を引き寄せましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする