スポンサーリンク

結果よりもレースの過程を重視する

Pocket

仕事でもマラソンでも

結果ばかりを気にしていると、上手く行かない事が多いです。

マラソン歴が長くなると、レース直前のペース走など
ポイント練習のタイムや走った時の余裕度から

レースでの大よそのタイムが予測できるようになります。

十分な練習が積めて、直前のポイント練習も絶好調。

周囲のランニング仲間からも

「この調子なら自己ベスト狙えますね!」

こんな時ほど要注意です。

気力・体力が充実している時ほど

結果への欲求が強くなり
冷静な判断が出来なくなってしまう事が少なくありません。

結果は外部環境の要因に左右されて、
自分でコントロール出来ない事が多いからです。

自己ベスト更新を狙っていても、

  • レース当日の天候が悪天候
  • コースが予想以上にアップダウンの厳しいコース
  • 着いた集団のペースの上げ下げで予想以上に脚を使った
  • 他のランナーと接触などによるアクシデントに巻き込まれた

自分ではコントロール出来ない要因で
自己ベスト更新どころか、ワースト記録をたたき出してしまう。
なんて事も考えられます。

結果ばかりを気にしていたら、
自己ベスト更新が絶望的になった時点で
心の状態は不機嫌になるので、レースを投げ出したり、
周囲の声援にイライラしたりと折角のレースを楽しめなくなります。

その上、

  • 「天候さえ良ければ」
  • 「コースさえ良ければ」
  • 「あの集団に着かなければ」
  • 「あそこで給水を取らずに接触に巻き込まれなければ」

などなど、レース後の仲間との打ち上げの際にも
レースを引きずって美味しいお酒も飲めない。
そして、悪酔いして仲間に迷惑をかける。これは経験談(笑

でも、レースの過程を重視して、
今に意識を置くと常に心は安定した状態を保てます。

「今日は天候が悪いけど、自己ベスト更新のペースで
行ける所まで行ってみよう。」

と考えれば、レース途中で仮に自己ベスト更新が厳しくなっても、

「20kmまではしっかりペースを刻めたから、
残りは最低限のペースダウンでせめて
セカンドベストを狙ってみよう」

または、接触などのトラブルに見舞われても、

「脚は大丈夫だし、とりあえず目標のペースに戻して、
痛みが出れば次のレースに向けて
棄権も視野に入れて様子をみよう。」

と、今出来る最高のパフォーマンスを出すという事に目標を切り替えられます。

結果はコントロール出来ませんが、
自分の思考と感情はコントロール可能です。

結果にこだわり過ぎると、自分を見失ってしまい
思考と感情がコントロール出来なくなってしまいがちですが、

過程を重視して今を意識していると
自分の現状を客観的に認識出来るようになり、
思考と感情のコントロールがしやすくなります。

どんなレース展開になっても

最後は笑顔でゴール

「走って良かったな」
「次のレースも頑張ろう」

そんな気持ちになれる様に

結果よりもレースの過程を重視しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする