スポンサーリンク

走るのが苦しくなった時のメンタルコントロール

Pocket

マラソンのメンタルコントロールで重要なのは、

快適に走っていた状態から

徐々に足が重くなり、

肉体的にも精神的にも疲れが見え始めた頃

苦しくなった時の走り方は、

「今の状態で最高の走りを心掛ける。」

フルマラソンだと、20km過ぎから体が徐々に重くなり、
イーブンペースを維持するのに集中力が必要になって来る。

1kmごとのラップを確認して、ペースが落ちていなければ

「まだ行ける」と言ったポジティブ思考でも集中力を維持する事が出来る。

しかし、ペースが落ちて来た時に

「さっきまでは余裕だったのに…」

と、過去の余裕度と比較して、気分が揺れ出し、
人によってはネガティブな思考が発動する。

(人によって直前の1kmの余裕度だったり、
一番快調だった時期の余裕度など比較する時間軸は様々かな?)

  • 何でこんな苦しい思いして走ってるんだろう
  • ヤバイ…このままズルズルとペースが落ちたら自己ベスト更新も厳しい
  • あんなに練習したのに何が原因だろう?朝食べた物が良くなかった?

などなど、現状の苦しさの原因探しや、
現状の苦しさから予測される好ましくない
未来予想図を思い描いて、走る事の楽しさを味わえなくなってしまいます。

なので、自分の意識を今に集中します。

  • 私は今、この瞬間が一番若い。
  • 私は今、この瞬間が一番健康。
  • 私は今、この瞬間が一番速く走れる。

今、今、今、……ずっと今なんです。

過去の10代の頃と今を比べても何も意味がありません。

0.1秒前の自分とすら今の自分を比較する事も意味がありません。

今の状況が2時間後いや、0.1秒後どうなるかすら誰も分かりません。

過去と今を比較して感情が揺れ、未来を予想して感情が揺れる。

それよりも、今この瞬間を大切にしなければという事になります。

マラソンで一番大事な事は

今に集中する事

練習が十分に積めたとか、

レース前日のイメージトレーニングは

既に過去の事であり、あなたの頭の記憶として
残っているだけで、現実の世界には存在しません。

大事なのは、

今の走りに集中して自分の望む未来に向けて
どれだけ近づける事が出来るか

未来への不安や
過去への後悔は必要ありません。

自分を信じて前を向いて
今出来る最高の走りをしましょう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする